2009年08月06日

肺がん 遺伝関連の情報収集

肺がん 遺伝について調べてみました。

<googleニュース>
子宮頸がんの原因?それとも偏見??
悪くされた方がいらしたら本当に申し訳ございません最近、子宮頸がんの既往があるかたが亡くなられましたが記事にリンクしたブログをたまたま見ましたら子宮頸がんの原因は若い頃の遊びすぎであり(性感染症)この亡くなった人

肺がん治療の名医といわれているドクター
光冨徹哉氏(肺がん 愛知県・愛知県がんセンター) 1980年九州大学医学部を卒業。 1989年に米国立がん研究所(NCI)に留学し、肺がん遺伝子研究などに従事。 その後九州大学講師等を経て1995年に愛知県がんセンターの副院長に就任しました。 ...

日本・中国のがん患者たち「最後の希望」求めて韓国行き
東洋圏の臨床試験では末期肺がん患者たちにすぐれた効果を見せたのだ。専門家たちは西洋人より 東洋人の肺がん細胞遺伝子に多く現れる突然変異と関連があると推定した。以後、イレッサは非喫煙女性、 特に肺がん細胞に突然変異がある患者に主に使われた。 ...

肺がん 難病請負人 中村司の最も早い治療法

肺がん
価格: 525 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
肺がんにかかる前に読んでいただきたい本 著者:野中誠出版社:ブイツーソリューション/星雲社サイズ:単行本ページ数:89p発行年月:2007年02月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOK」データベースより)1 世界の肺がんの動向/2 肺がんになる危険性の高い人/3 肺がんは早期発見が大切/4 肺がんの自覚症状とは/5 肺がんの画像診断/6 肺がんの確定診断/7 肺がんの治療はどのようにおこなわれるのか/8 肺がん治療後の経過観察/9 肺がんの予防/10 おわりに【著者情報】(「BOOK」データベースより)野中誠(ノナカマコト)医学博士。1963年生まれ。1987年、昭和大学医学部卒業



33歳ガン漂流ラスト・イグジット

価格: 1,365円 レビュー評価:5.0 レビュー数:8

「あっぱれな死に様でした」といってはサムライ奥山氏に無礼でしょうか。

でも私はあえて、そう申し上げたい。



闘病記のラストはいずれも涙を誘うものだが、彼は最後の最後まで客観的に

自分を見続けていた。これは絶対に常人ではできないことだ。本書には類稀

な彼のライター、作家としての才能が如何なく発揮されていた。



でも、結局人間、最後は皆同じなんですよね。私も爪あとくらいは残したい

と思いました。あっぱれでした。彼の遺志を引き継ぐ人は必ずいます。
...さらに詳しい情報はコチラ


足のむくみ総合ナビ
orbis
ライスフォース

posted by ハトにんじゃ19 at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。